◆ケミカルエンジニヤリング 第55巻◆

2010年1月号(VOL.55 No.1)
〈特集〉「低炭素社会の実現に向けて」
●低炭素社会と緊急諸課題の両立【北海道大学】池田 元美
●地球温暖化の緩和とCO2削減技術【地球環境産業技術研究機構】秋元 圭吾
●“21世紀のクリーン燃料”ジメチルエーテル(DME)【静岡大学】武石  薫
●高効率熱電変換材料の開発【名古屋大学】河本 邦仁
●ケカビによるソフトバイオマスからのエタノールの生産【富山大学】高野 真希、星野 一宏
●次世代火力技術で低炭素化に挑む【電力中央研究所】犬丸  淳
●リチウム系二次電池開発の現状と将来展望【産業技術総合研究所】栄部比夏里
●低炭素化とパワーエレクトロニクスの重要性【東京大学】荻本 和彦
●省エネルギーCO2削減のための環境対策技術【首都大学東京】川上 満幸、山中 仁寛
●低炭素社会に向けた有機ハイドライド技術の展開【東京農業大学】市川  勝
〈機能性微粒子テクノロジー〉
●ポリ乳酸系ナノ粒子の調製と光線力学的治療への応用【岡山大学】小野  努、大河原賢一
●ナノコーティングによる機能性微粒子の調製【山形大学】木俣 光正
〈連載〉
●ケミカルエンジニアのための易しい応用数学(5) 化学プロセスの解析や設計について【明治大学名誉教授】竹内  雍
●演習化学英語(11) 化学ニュース誌の英文(3) 小沢 昭弥
〈Development NEWS〉
●プラスチック光ファイバー用新規耐熱性樹脂の開発【室蘭工業大学】竹中  康

2010年2月号(VOL.55 No.2)
〈特集〉「新しいバイオマス利活用技術」
●木質バイオマスによる化学工業【三重大学】野中  寛
●古紙を用いた貴金属の回収【佐賀大学】川喜田英孝
●バイオマスプラスチック製濾過膜の開発と応用【新潟大学】田中 孝明、高屋 朋彰、谷口 正之
●木質バイオマスの炭素化処理による水素および機能性炭素化物への変換【福島大学】浅田 隆志、乾 実紗希、八巻  巴、【新潟薬科大学】川田 邦明
●木質バイオマスの炭化による高密度発電燃料製造プロセスの開発【信州大学】高橋 伸英
●バイオマス利用技術における複合微生物系の解析と応用【東京工業大学】中崎 清彦
●バイオマスプラスチックの成分選択的な資源循環技術【九州工業大学】西田 治男、附木 貴行、安田 信彦、橋本 憲明、白井 義人
●もみ殻に由来する活性炭系灯油脱硫剤の開発【秋田県立大学】熊谷 誠治、【ジャパンエナジー】戸井田康宏
〈連載〉
●ケミカルエンジニアのための易しい応用数学(6) 分離操作の解析と設計(1) 特にガス吸収操作について【明治大学名誉教授】竹内  雍
●実用蒸留設計ノート(13) トレイダイナミックス計算(3)【編集部】
●演習化学英語(12) 化学ニュース誌の英文(4) 小沢 昭弥
〈製品紹介〉

2010年3月号(VOL.55 No.3)
〈特集〉「ライセンス技術の開発と展望」
●塩化揮発法による希少元素の選択的分離回収プロセスの開発【秋田大学】菅原 勝康、【秋田工業高等専門学校】野中利瀬弘
●ナノスケールの多層構造をもつフレーク状粒子の開発と太陽電池応用【九州工業大学】安田  敬
●有機化合物の特性を活かした均一系触媒反応【関西大学】大洞 康嗣
●二酸化炭素の有効利用による新しいイオン伝導性ポリマーの開発技術【東京農工大学】富永 洋一
●微細構造制御した機能性結晶の環境調和プロセス育成【信州大学】手嶋 勝弥、大石 修治
●創薬を指向した光学活性フッ素化合物の新規合成法【豊橋技術科学大学】柴富 一孝
●太陽電池を指向したフラーレン・カーボンナノチューブ複合材料【京都大学】梅山 有和
●セルロース性資源の生変換による21世紀のバイオエタノール製造【宮崎大学】小川喜八郎
●土壌細菌を用いた環境汚染物質分解と環境浄化【関西大学】松村 吉信
●タンパク質カチオン化技術の工学的応用【岡山大学】二見淳一郎
〈連載〉
●ケミカルエンジニアのための易しい応用数学(7) 分離操作の解析と設計(2) 特に吸着操作について【明治大学名誉教授】竹内  雍
●演習化学英語(13) 化学ニュース誌の英文(6) 小沢 昭弥
〈製品紹介〉

2010年4月号(VOL.55 No.4)
〈特集〉「機能性食品の開発と展望」
●食品機能性研究の開発と展望【日本大学】上野川修一
●機能性食品の欧米における最新事情【名古屋文理大学】清水 俊雄
●食品成分の研究と食品としての機能評価〜動物実験からヒトボランティア試験まで〜【静岡県立大学】横越 英彦
●食品機能評価法の現状と展望【玉川大学】新本 洋士
●医薬における機能性食品【お茶の水女子大学】岸本 良美、谷 真理子、近藤 和雄
●がんの医薬現場における機能性食品の現状と課題【東京女子医薬大学】大野  智
●抗ストレス食品の開発【静岡県立大学】高木 邦明
●糖脂質の再発見−環境から与えられる優れた免疫制御物質−【香川大学】河内 千恵
●食品機能向上の開発手法【アピ】三島  敏
●プロテインチップテクノロジーと機能性食品【名古屋大学】大澤 俊彦
●機能性食品の科学的根拠と利用対象者【国立健康・栄養研究所】佐藤 陽子、中西 朋子、横谷 馨倫、梅垣 敬三
●化学工学・プロトンNMRハイブリッド法による食品工学への挑戦−蓄肉ジャーキー機能性評価と設計−【北海道工業技術センター】小西 靖之、【アドテック研究所】小林 正義、【北見工業大学】三浦 宏一、松田 弘喜
〈Development News〉
●材料のポテンシャルを最大限に引き出す吸着剤・触媒・イオン交換体の作製技術と開発【北海道大学】向井  紳
〈製品紹介〉

2010年5月号(VOL.55 No.5)
〈特集〉「環境資源回収技術の展望」
●液晶パネルからのインジウムの回収を目指したITOのメカノケミカル還元【東北大学】加納 純也
●使用済酸化セリウム系ガラス研磨材スラリーからの微粒子の回収【福島大学】佐藤 理夫、【福島県ハイテクプラザ】加藤 和裕
●レアメタルの選択的抽出剤の開発【秋田大学】近藤 良彦、濱田 文男
●イオン液体を用いた希土類金属の高効率リサイクルシステムの開発【九州大学】久保田富生子、後藤 雅宏
●ミカンジュース粕による金の吸着・回収【佐賀大学】井上 勝利
●液晶パネル用透明電極ガラスからの乾式塩化法によるインジウムの回収【名古屋大学】平澤 政廣、寺門  修
●亜臨界水を用いたアルミニウム箔-樹脂積層複合フィルムからのアルミニウム箔の分離回収【大阪府立大学】吉田 弘之
●貴金属のリサイクリング【田中貴金属工業】奥田 晃彦
●微生物を用いたインジウムの回収【大阪府立大学】荻   崇、小西 康裕
●酸回収のための電気透析用陽イオン交換膜の開発【千葉大学】浅利 勇紀、正司 信義、斎藤 恭一
〈連載〉
●ケミカルエンジニアのための易しい応用数学(8) 差分法と差分方程式の応用【明治大学名誉教授】竹内  雍
●実用蒸留設計ノート(14) トレイダイナミックス計算(4)【編集部】
●演習化学英語(14) 特許英語の表現と解説(1) 小沢 昭弥
〈Development News〉
●余剰バイオマス資源から基礎化学物質を高効率合成する触媒反応プロセスを開発【北海道大学】多湖 輝興
〈製品紹介〉

2010年6月号(VOL.55 No.6)
〈特集〉「化学物質リスクの最前線」
●化学物質の環境リスク評価のための情報基盤と情報活用のための課題【横浜国立大学】小林  剛、亀屋 隆志、三宅 祐一、本藤 祐樹、三宅 淳巳
●化学物質ベネフィットの定量〜臭素系難燃剤の火災リスクとヒト健康リスク〜【横浜国立大学】井上 知也、真名垣 聡、益永 茂樹
●金属洗浄プロセスにおけるリスクと環境影響のトレードオフ【東京大学】菊池 康紀
●REACHの最新動向とその対応【化学物質評価研究機構】神園 麻子
〈一般記事〉
●蒸留塔モデル−物質移動現象と流動現象−【名古屋工業大学】森  秀樹
〈連載〉
●ケミカルエンジニアのための易しい応用数学(9) 偏微分方程式とその応用(1)【明治大学名誉教授】竹内  雍
●ASOGによる相平衡推算法の最近の進歩−気液平衡の推算−(1)【日本大学】栃木 勝己
●実用蒸留設計ノート(15) トレイダイナミックス計算(5)【編集部】
●演習化学英語(15) 特許英語の表現と解説(2) 小沢 昭弥
〈Development News〉
●薬液を使用しない低環境負荷型の洗浄技術を開発【静岡大学】真田 俊之
〈CISS News〉
●革新的シミュレーション研究センター【東京大学】加藤 千幸
〈製品紹介〉

2010年7月特大号(VOL.55 No.7)
〈特集〉「環境共生社会と技術開発」
●製紙スラッジの有用資源化と今後の新展開【高知大学】市浦 英明、中谷 拓弘
●近紫外線発光ダイオードを用いた殺菌システム【徳島大学】粟飯原睦美、高橋  章
●砂岩採石屑を原料とした機能性物質の製造方法【秋田大学】和嶋 隆昌
●超音波噴霧器を利用した空気中のホルムアルデヒド(FA)中和除去装置の開発【福岡大学】入江  豊
●アルミ再生工場で生じる副産物や廃棄物を利用した陰イオン交換体の合成と排水処理への適用【関西大学】村山 憲弘、芝田 準次
●放射線橋かけ技術によるバイオプラスチックの改質【日本原子力研究開発機構】長澤 尚胤
●アスベスト廃棄物の減圧低温加熱無害化とその有効活用【名古屋工業大学】橋本  忍
●高活性パラジウム触媒による機能性材料合成反応【鳥取大学】奥村  和
●バイオディーゼル廃液からのバイオマテリアル/燃料発酵生産【広島大学】中島田 豊、西尾 尚道
●電析法を利用した化合物半導体ナノワイヤーアレイの作製【長崎大学】大貝  猛
●新規電解促進酸化法による1,4-dioxaneの分解処理【龍谷大学】岸本 直之
●超臨界水を用いたバイオマス低温ガス化法【広島大学】吉田 拓也、松村 幸彦
〈連載〉
●ケミカルエンジニアのための易しい応用数学(10) 偏微分方程式とその応用(2)〜主にラプラス変換による解法〜【明治大学名誉教授】竹内  雍
●演習化学英語(16) 研究者、技術者のための英文手紙と国際会議(1) 小沢 昭弥
〈製品紹介〉

2010年8月号(VOL.55 No.8)
〈特集〉「社会基盤を支えるライフサイエンス」
●芳香族アミノ酸を含む抗カビ活性トリペプチド【佐賀大学】上田 敏久、光富  勝、関  清彦、【崇城大学】安藤 祥司
●発酵食品由来の分子シャペロン誘導因子と癌細胞増殖抑制因子【秋田大学】伊藤 英晃
●イリジウム錯体のりん光を利用した酸素濃度センサー【群馬大学】飛田 成史
●新規細胞接着ペプチドを用いた創傷治療への応用【大分大学】岡本  修、加藤 愛子、藤原 作平
●新規微生物を用いたブドウ病害防除剤の開発【山梨大学】鈴木 俊二、古屋 誠一
●ナノ粒子による炎症性伝達物質吸着を利用した炎症制御の研究【就実大学】見尾 光庸、【上智大学】小駒 益弘、【徳島大学】福井 裕行、【アイエスアイ】竹田  篤
●インフルエンザの拡大リスクを軽減する化合物【広島大学】二川 浩樹、柚下 香織、平松美菜子、坂口 剛正
●歯科材料用のマシナブルマイカ複合セラミックスの開発【信州大学】樽田 誠一
●アクトミオシン駆動性のバイオチップの開発【群馬大学】小濱 一弘
●ヒト羊膜由来細胞を用いた糖尿病治療【富山大学】吉田 淑子、岡部 素典、小池 千加、二階堂敏雄
〈一般記事〉
●バイオマス資源とリサイクル資源からのポリエステル合成【産業技術総合研究所】佐藤  俊、【東京工業大学】柘植 丈治
〈連載〉
●ケミカルエンジニアのための易しい応用数学(11) 偏微分方程式の数値解法(1)【明治大学】古谷 英二、【明治大学名誉教授】竹内  雍
〈ニュース〉

2010年9月号(VOL.55 No.9)
〈特集〉「新技術としてのレオロジー」
●酸性シリカゾルのゾル-ゲル転移におけるレオロジーとゲル化構造【山口大学】佐伯  隆
●高分子融液のレオロジー挙動と分子間水素結合の関係【大阪大学】浦川  理
●ポリエチレングリコールを用いた粒子分散系および液体混合系のER効果【徳島大学】南川 慶二
●カーボンファイバー/高分子複合材料における導電性・力学物性・構造【京都工芸繊維大学】西川 幸宏、高橋 雅興
●扁平粒子分散系の流動特性の数値シミュレーション【大阪大学】山本 剛宏
●水素結合性超分子ゲルの調製とその粘弾性挙動【名古屋大学】野呂 篤史
●カチオン性界面活性剤添加によるシリカスラリーのレオロジー挙動の変化【三重大学】川口 正美
●レーザ照射時の植物葉からの光熱信号の“in vivo”計測システムの開発【金沢工業大学】得永 嘉昭、【金沢工業高等専門学校】氏家 亮子、【金沢工業大学】平間 淳司
●気相成長法炭素繊維とエラストマー類との複合物の粘弾性挙動【愛知工業大学】山田 英介
●粘着剤の剥離過程における非線形レオロジー【東京大学】山口 哲生、土井 正男
●イオン液体中のセルロースの溶液物性【九州大学】高橋 良彰
●遅い流動下における高粘性流体の不均一化とレオロジー【東京大学】古川  亮、田中  肇
〈一般記事〉
●高温水を利用する古紙のガス化技術【産業技術総合研究所】白井 誠之、佐藤  修、山口 有朋
〈連載〉
●ケミカルエンジニアのための易しい応用数学(12) 偏微分方程式の数値解法(2)【明治大学】古谷 英二、【明治大学名誉教授】竹内  雍
〈ニュース〉
〈製品紹介〉

2010年10月号(VOL.55 No.10)
〈特集〉「資源回収とリサイクル技術」
●廃小型家電品からのレアメタル回収技術【早稲田大学】大和田秀二、所  千晴
●溶媒抽出法によるリチウムイオン二次電池からのコバルトとリチウムの分離回収【山口大学】新苗 正和、鈴木 祐麻
●使用済み電子部品からの貴金属のバイオ利用回収【大阪府立大学】小西 康裕、玉置洸司郎、中川 智貴
●セメンテーションと中和沈殿-溶融処理を利用した貴金属を含む強酸性廃液からの金属回収【秋田大学】柴山  敦、芳賀 一寿、【横浜金属】梅田 久義
●溶融アルカリ浴を用いたコンデンサからのタンタル回収【名古屋大学】寺門  修、平澤 政廣
●フラーレンを用いた硫化物陰イオンの新規回収法の検討【東北大学】林  亜美、高橋 英志、田路 和幸
●水中爆砕を用いたリサイクル前処理のための各種廃棄物の剥離による単体分離【東京大学】藤田 豊久
〈一般記事〉
●バイオポリマー合成プロセス開発の変遷:化学工場→微生物工場→植物工場【北海道大学】田口 精一
●超臨界流体と高圧マイクロエンジニアリングの融合【産業技術総合研究所】川崎慎一朗
●空間光並列処理による大規模演算システム【神戸大学】仁田 功一
〈連載〉
●ASOGによる相平衡推算法の最近の進歩(2)−気液平衡、溶解度、粘度の推算−【日本大学】栃木 勝己
●ケミカルエンジニアのための易しい応用数学(13) 補足説明と問題略解およびまとめ【明治大学】古谷 英二、【明治大学名誉教授】竹内  雍
●実用蒸留設計ノート(16) トレイダイナミックス計算(6)【編集部】

2010年11月号(VOL.55 No.11)
〈特集〉「注目されるシミュレーションの新展開」
●活性炭へのプリン体の液相吸着に関する分子動力学シミュレーション【京都大学】鈴木 哲夫、田門  肇
●移植用組織生産における細胞挙動シミュレーション【大阪大学】浦栃 信吾、大野 翔太、紀ノ岡正博、田谷 正仁
●混相流動シミュレーター-2流体モデル方程式の相互作用力項-【工学院大学】上山 惟一
●円盤状液膜の収縮シミュレーション【埼玉大学】本間 俊司、岡  大樹、古閑 二郎
●ナノ多孔体への水素同位体吸着シミュレーション【京都大学】田中 秀樹、宮原  稔
●マイクロ/ナノバブルの分子シミュレーション【京都大学】松本 充弘
●内部熱交換型蒸留塔(HIDiC)のシミュレーション【山形大学】松田 圭悟、【産業技術総合研究所】中岩  勝
●ゾル-ゲル反応での重合誘起型相分離シミュレーション【山形大学】樋口 健志、曾田 忠弘、【東北大学】高見 誠一、阿尻 雅文
〈一般記事〉
●医薬品の溶解度データの重要性-特に助溶媒効果-【日本大学】松田 弘幸、栃木 勝己
●リチウムイオン電池へのイオン液体電解液の適用の試み【山口大学】江頭  港
●高温高圧水中でのプラスチックの分解【東北大学】渡邉  賢、松尾 康輝、猪股  宏、【三菱化学科学技術研究センター】奥山  学
●カーボンナノチューブを固定相としたアフィニティークロマトグラフィーの開発【九州大学】藤ヶ谷剛彦、中嶋 直敏
〈連載〉
●演習化学英語(17) 研究者、技術者のための英文手紙と国際会議(2) 小沢 昭弥
〈製品紹介〉

2010年12月号(VOL.55 No.12)
〈特集〉「プラズマプロセスの応用技術」
●大気圧プラズマを用いた低温・高速成膜技術【大阪大学】垣内 弘章、大参 宏昌、安武  潔
●プラズマで拓くナノカーボン・バイオ融合科学【東北大学】畠山 力三、金子 俊郎
●超臨界流体中でのプラズマ生成および分子変換への応用【熊本大学】後藤 元信、佐々木 満
●放電プラズマによるEUV光源【東京工業大学】堀田 栄喜、渡邊 正人
●プラズマ駆動触媒反応によるVOC分解【産業技術総合研究所】尾形  敦、金  賢夏
●プラズマCVDによるカーボンナノチューブ合成【東京工業大学】野崎 智洋、岡崎  健
●低圧誘導結合プラズマCVDによるナノカーボンの合成【物質・材料研究機構】岡田 勝行
●核融合プラズマ対向材料としての高融点金属材料の現状と課題【名古屋大学】大野 哲靖
●大規模マイクロ波ラインプラズマの生成【東海大学】進藤 春雄
●マルチホロー放電プラズマCVDによる量子ドット増感太陽電池用シリコンナノ結晶粒子の作製【九州大学】内田儀一郎、古閑 一憲、白谷 正治
●プラズマ重合法を用いた機能薄膜の合成と応用【福島県ハイテクプラザ】黒澤  茂、【産業技術総合研究所】愛澤 秀信、【芝浦工業大学】五木田康和、【鹿児島大学】吉本  稔、【芝浦工業大学】吉見 靖男
〈製品紹介〉
〈総目次〉