◆化学工業 第63巻◆

2012年1月号(VOL.63 No.1)
◆特 集
「次世代ライフサイエンスの最前線」
●血管新生制御作用を有する食品機能成分の多機能性【広島大学】松原 主典
●生体吸収性ポリマーによる成長・発育を考慮した口腔機能の回復【松本歯科大学】水谷 智宏、宮沢 裕夫
●モデル植物を活用した赤かび病抵抗性植物の作出と防除技術への応用展開【金沢大学】西内  巧
●蛍光相互相関分光法を用いた分子間相互作用解析の応用【北海道大学】長堀 紀子、金城 政孝
●低糖のジャム、ベビーフード、えん下困難者用の食品の創出【県立広島大学】佐藤 之紀
●オキサゾリン化合物の触媒作用を利用した高光学純度タミフル合成中間体の新しい合成法【室蘭工業大学】中野 博人
●骨粗鬆症予防、骨量減少と血管石灰化併発の予防に対する栄養学的運動学的アプローチ【筑波大学】麻見 直美
●医薬・診断薬への応用にむけた化学修飾核酸アプタマーの開発【群馬大学】繻エ 正靖、【大阪大学】小比賀 聡
●シリカ結合タンパク質を利用した安価なタンパク質精製法【広島大学】池田  丈、黒田 章夫
〈一般記事〉
●らせん高分子の合成とキラル識別材料への応用【名古屋大学】飯田 拡基、八島 栄次
●RAN修飾の生合成から細胞内の化学反応を学ぶ-アグマチジンの生合成とAUAコドンの解読-【東京大学】鈴木  勉
●界面微生物工学によるグリーン・イノベーションを目指して【名古屋大学】堀  克敏
●ナノ構造制御による高機能複合材料の創製【京都工芸繊維大学】三木 真湖、鈴木 智幸、山田 保治
〈連載〉
●化学雑感(11) WEBサイトを活用したサンプル依頼の入手方法【船井総合研究所】牧野 好和

2012年2月号(VOL.63 No.2)
<特集>「高機能ナノ構造体の創出」
●溶解カーボンナノチューブを用いたナノチューブの基礎物性解明とナノ複合材料への応用【九州大学】中嶋 直敏、藤ケ谷剛彦
●自己組織化超分子ポリマーの機能化-分子認識に基づく特異的なゲル集積-【大阪大学】山口 浩靖、橋爪 章仁、高島 義徳、原田  明
●高速フォトクロミック分子の高性能化【青山学院大学】阿部 二朗
●ナノ電解法による低環境負荷ナノデバイス作製技術【北海道大学】長谷川裕之
●相転移化学を基盤とした新機能ナノ構造物質のボトムアップ創製【東京大学】所  裕子、大越 慎一
●DNAオリガミ構造体と1分子観察への応用【京都大学】遠藤 政幸、杉山  弘
●高品質グラフェンの合成法の開発【九州大学】小川 友以、吾郷 浩樹
●放射光STMによるナノ構造の分析と制御【大阪大学】齋藤  彰
●カーボンナノチューブの単一組成合成、キラリティ制御へ向けた有機合成アプローチ【分子科学研究所】櫻井 英博
●排熱利用発電を目指したフレキシブル熱電変換素子【長岡技術科学大学】武田 雅敏
●ヒト羊膜由来間葉系細胞を用いた糖尿病治療【富山大学】吉田 淑子、岡部 素典、小池 千加、二階堂敏雄
〈連載〉
●有機金属化学(80) 有機合成における遷移金属触媒を用いた環化カルボニル化反応(2)【大前研究所】大前  厳
〈製品紹介〉

2012年3月号(VOL.63 No.3)
<特集>「ナノ界面の世界と次世代機能」
●動的ナノ界面の設計と生体応答解析【東京医科歯科大学】徐  知勲、由井 伸彦
●高輝度放射光で解き明かすグリーンナノデバイスの界面【東京大学】尾嶋 正治
●バイオ・ナノハイブリッドマテリアルの創成と分子通信デバイスとしての可能性【奈良先端科学技術大学院大学】菊地 純一
●迅速な細胞アレイの形成と単一細胞計測【兵庫県立大学】安川 智之、【東北大学】末永 智一、【兵庫県立大学】水谷 文雄
●医療応用に向けたナノ構造化材料の創製および利用【東京大学】村山 周平、加藤  大
●工業ナノ粒子の表面吸着と生体影響評価【産業医科大学】堀江 祐範
●化学修飾による酸化物半導体表面の金属化【東京工業大学】小澤 健一
●自動車排ガス浄化用自己再生型Agナノクラスター触媒【北海道大学】清水 研一
●イオン液体中での量子線照射還元による金属微粒子形成【大阪大学】今西 哲士
●シリコンウェハー薄膜界面領域の断面走査トンネル顕微観察を目指したへき開手法の開発【奈良先端科学技術大学院大学】服部  賢、立花 和也、大門  寛
〈一般記事〉
●規則ポーラス構造によるナノ・マイクロ空間の形成の光電場制御【神奈川科学技術アカデミー】近藤 敏彰、【首都大学東京】益田 秀樹
●α-アミノ酸からの新しいキラルNHC配位子の創製【関西大学】坂口  聡
〈製品紹介〉

2012年4月号(VOL.63 No.4)
<特集>「次世代創薬科学を探る」
●創薬シーズ探索の魅力【兵庫医薬大学】田中 明人
●ペプチド化学を基盤とした統合創薬科学【長浜バイオ大学】木曽 良明、【神戸学院大学】日高 興士
●上皮分化異常を伴う疾患に対する高効率で低副作用の治療・予防薬【関西学院大学】葛野菜々子、平井 洋平
●大豆イソフラボンによるアセトアミノフェン肝障害の抑制【北九州市立大学】平野  雄
●糖鎖抗原に対する抗体産生を抑制する新薬の開発【広島大学】田澤 宏文、【呉医療センター】伊禮 俊充、【広島大学】大段 秀樹
●がんやエイズの免疫抵抗性を高めるヒト樹状細胞の簡易で短期的な分化培養方法の開発【琉球大学】田中 勇悦
●RNAの造形力と創薬【リボミック】山浦 順司、【東京大学】中村 義一
●創薬研究への応用を目指した蛍光プローブの開発【東京大学】寺井 琢也、長野 哲雄
●創薬ペプチドスクリーニング技術【名古屋大学】本多 裕之
〈一般記事〉
●マグネシウム金属還元による芳香族ケトンへのトリフルオロアセチル基導入法【長岡技術科学大学】前川 博史
●生体親和性高分子表面の構築による界面水の役割【東京大学】高井まどか
〈連載〉
●化学雑感(12) 海外ビジネスでは自社人材育成が重要【船井総合研究所】牧野 好和
〈製品紹介〉

2012年5月号(VOL.63 No.5)
<特集>「新機能素材の創製と実用化」
●金属錯体触媒を超高活性化する新型リン配位子の開発【岡山大学】是永 敏伸
●新規多孔質ナノ炭素材料の合成と応用【大阪大学】宇山  浩
●結晶-非晶ブロックポリマーによる界面特性の変換【甲南大学】渡邉 順司、松田 侑子、池田 能幸
●炭酸ガスレーザー超音速延伸法で作製したナノファイバー【山梨大学】鈴木 章泰
●新しいアルカリ土類金属ケイ酸塩蛍光体の開発【山梨大学】米崎 功記
●カーボンナノウォールの燃料電池用触媒担体への応用【横浜市立大学】申ソクチョル、橘   勝
●相分離を伴う無共触媒ゾル-ゲル法による希土類イオン高濃度ドープシリカガラスの合成【首都大学東京】梶原 浩一
●MRIアーチファクトを防止する生体用Zr基合金の開発【東京医科歯科大学】野村 直之
●環境調和した芳香族及び脂肪族ニトリルの1工程合成法の開発【千葉大学】東郷 秀雄
●医薬などの機能性材料の開発を指向する光学活性含窒素ヘテロ環化合物の合成【千葉大学】荒井 孝義
●エクストリモライトとしてのポリ-γ-L-グルタミン酸とその応用【高知大学】芦内  誠
〈連載〉
●有機金属化学(81) 有機合成における遷移金属触媒を用いた環化カルボニル化反応(3)【大前研究所】大前  厳
〈製品紹介〉

2012年6月号(VOL.63 No.6)
<特集>「エキゾチック自己組織化材料の創出」
●ウイルス構造に学んだペプチドナノ材料の創製【鳥取大学】松浦 和則
●ホスト-ゲスト相互作用により機能化された自己修復性超分子マテリアルの構築【大阪大学】高島 義徳、角田 貴洋、中畑 雅樹、原田  明
●ナノ相分離を利用した液晶性電子機能材料のデザイン【香川大学】舟橋 正浩
●多様なバイオミネラルにならう材料合成【慶応義塾大学】緒明 佑哉、今井 宏明
●核酸細工で「見える」分子デバイスを組み立てる【関西大学】葛谷 明紀
●超分子エンジニアリングによる自己集合性ナノリングの創製【千葉大学】矢貝 史樹
●π共役分子とアルキル長鎖からなるエキゾチック自己組織化材料【物質・材料研究機構】中西 尚志
●生体分子モーターの能動的自己組織化によるATP駆動型運動素子の創製と実用化に向けて【北海道大学】井上 大介、伊藤 正樹、Arid Md.Rashedul Kabir、角五  彰、佐田 和己
●カーボンナノチューブ曲面上での鎖状高分子の自己組織化能【物質・材料研究機構】内藤 昌信
●ヘムタンパク質を基盤とした自己組織化集合体の構築【大阪大学】大洞 光司、林  高史
●ソフトマターのためのナノ触診技術【東北大学】中嶋  健、伊藤万喜子、藤波  想
〈一般記事〉
●フラーレン材料にホールを流す〜C70H2の構造と電子状態〜【工学院大学】徳永  健、【広島大学】川畑  弘
●生理的条件下で作用するUCST型高分子【九州大学】嶋田 直彦、丸山  厚
〈連載〉
●有機金属化学(82) 有機合成における遷移金属触媒を用いた環化カルボニル化反応(4)【大前研究所】大前  厳
〈製品紹介〉

2012年7月特大号(VOL.63 No.7)
<特集>「進化するバイオマテリアルの新機能」
●バイオマテリアルからみた再生医療【京都大学】田畑 泰彦
●細胞シート工学を支える温度応答性細胞培養表面【東京女子医科大学】秋山 義勝、唐  中嵐、岡野 光夫
●人工骨による骨再生【大阪大学】吉川 秀樹、名井  陽
●近赤外光を用いたバイオイメージングのためのナノ粒子開発とがん医療応用【理化学研究所】座古  保
●金属バイオマテリアルと生体機能化技術【東京医科歯科大学】塙  隆夫
●体内で作るバイオマテリアル(生体内バイオマテリアル)【国立循環器病研究センター研究所】中山 泰秀
●バイオマテリアルとしてセラミックスの展望【東京医科歯科大学】山下 仁大
●バイオマテリアルとしての金ナノロッド【九州大学】新留 琢郎
●PLGAナノ粒子積層型薬物溶出ステントの開発【ホソカワミクロン】塚田 雄亮、辻本 広行、【愛知学院大学】山本 浩充、川島 嘉明
●シルクナノファイバーからなる角膜再生材料の開発【物質・材料研究機構】寺田 堂彦、服部 晋也、小林 尚俊
●生体用コバルトクロム合金の制御造形と新機能-逆変態/微細化プロセスによる高強度化-【東北大学】千葉 晶彦、黒須 信吾
●次世代バイオマテリアルのための温度応答性高分子材料【東京女子医科大学】中山 正道
〈製品紹介〉

2012年8月号(VOL.63 No.8)
<特集>「持続社会を先導する光科学」
●テラヘルツ周波数領域での任意光波形発生と計測法【長岡技術科学大学】塩田 達俊
●軟X線発光分光法による液体の観測-水の微細液体構造、水和、水素結合-【理化学研究所】徳島  高、【東京大学】堀川 裕加、新井 秀実、原田 慈久、辛  埴
●長距離伝搬表面プラズモンを用いたナノレーザー【奈良先端科学技術大学院大学】池田 和浩、河口 仁司
●次世代高性能光ファイバ素子の開発【大阪大学】藤本  靖
●超効率光化学リアクターに向けた大面積・高輝度近接光源【物質・材料研究機構】三木 一司、【京都大学】磯崎 勝弘
●コヒーレントな狭帯域準連続真空紫外光源の開発【分子科学研究所】野村 雄高、【中国科学院】チェン チュアンティアン、【東京理科大学】渡部俊太郎、【東京大学】小林 洋平
●合金を用いたプラズモニクス材料の新展開【横浜国立大学】西島 喜明、秋山 俊介
●近接場光を用いたナノ光情報システム【東京大学】堅  直也、【情報通信研究機構】成瀬  誠、【東京大学】大津 元一
●光周波数コムを利用した超高分解能レーザー分光【福岡大学】御園 雅俊、西山 明子
●人工光合成と光エネルギー変換ナノデバイスへの展開【名古屋工業大学】近藤 政晴、【大阪市立大学】南後  守
●金属錯体を用いた水の酸化と人工光合成への挑戦【分子科学研究所】正岡 重行
〈連載〉
●化学雑感(13) 東南アジアへの取り組み【船井総合研究所】牧野 好和

2012年9月号(VOL.63 No.9)
<特集>「人口光合成研究の最前線」
●超高速電子移動のドライビング・フォースと反応場の解明【大阪大学】長澤  裕
●金属錯体による水の酸化触媒系の構築【新潟大学】平原 将也、八木 政行
●褐藻類の光合成アンテナに結合した色素の構造と機能【大阪市立大学】藤井 律子
●人口光合成研究における二酸化炭素還元反応の現状とペプチド折り紙の挑戦【北里大学】石田  斉
●ナノテーパ光ファイバを駆使した光量子デバイス【大阪大学】藤原 正澄、竹内 繁樹
●光合成の改造とエネルギー物質生産藻類の創製【信州大学】伊原 正喜、河野 祐介
●光合成蛋白質Photosystem Uにおける電荷分離とクロロフィル分子上の正電荷分布【京都大学】石北  央
●鉄錯体を触媒とする二酸化炭素高効率還元反応の最前線【京都大学】中島 裕美子
●アリールホウ素化合物による化学的光エネルギー変換への展開【北海道大学】作田 絵里
●籠型分子の内部に展開する光-物質変換機能触媒の創出【名古屋工業大学】舩橋 靖博
〈一般記事〉
●コロイドアモルファス集合体が示す角度依存症のない構造発色【名古屋大学】竹岡 敬和
●機能性タンパク質の高効率発現システムの開発【東京理科大学】沓沢 好一、大塚 英典
●テラヘルツ周波数領域における動的金属構造体の作製【京都大学】岡田 隆典
〈連載〉
●化学雑感(14) 海外ダイレクトマーケティング【船井総合研究所】牧野 好和
〈製品紹介〉

2012年10月号(VOL.63 No.10)
<特集>「社会基盤を支える次世代セラミックスの創製」
●省エネルギー型大型セラミックス製造技術開発【名古屋大学】北  英紀
●中温プロトン伝導体のエネルギー・環境技術への応用【名古屋大学】日比野高士
●希土類フリー酸化物ガラス蛍光体の創製【京都大学】正井 博和、【東北大学】藤原  巧、【旭硝子】松本 修治、【京都大学】横尾 俊信
●水溶性チタン錯体を用いたTiO2およびチタン酸化物の形態制御合成【広島大学】片桐 清文
●骨形成性細胞を刺激する無機イオンを利用した生体材料の設計【名古屋工業大学】小幡亜希子
●全固体電池への応用に向けたイオン伝導ガラスの開発【大阪府立大学】林  晃敏、辰己砂昌弘
●酵素-層状セラミックス複合体の合成と融合機能【長崎大学】鎌田  海、【佐賀大学】宗  伸明
●通電焼結法を用いたセラミックス材料の作製【産業技術総合研究所】竹内 友成
〈一般記事〉
●光合成反応に対するプラズモニック光アンテナ効果とプラズモン光ピンセット【北海道大学】坪井 泰之、利光麻里子、東海林竜也
●大震災を契機とする再生可能エネルギー【恵谷資源循環研究所】恵谷  浩
●Photo Conductorとエネルギー問題【元DIC】生明京一郎
〈連載〉
●化学雑感(15) マーケティングの種類【船井総合研究所】牧野 好和
〈製品紹介〉

2012年11月号(VOL.63 No.11)
<特集>「次世代有機薄膜技術の新潮流」
●有機薄膜デバイス【産業技術総合研究所】八瀬 清志
●有機薄膜太陽電池の劣化機構の解明と特性向上【筑波大学】丸本 一弘
●革新的塗布型材料による有機薄膜太陽電池の構築【奈良先端科学技術大学院大学】山田 容子、【山形大学】中山 健一
●溶液ソース気相プロセス・ミストデポジション法による有機薄膜の形成【滋賀県立大学】池之上卓己
●有機-無機ハイブリッド薄膜太陽電池の開発とフレキシブル素子への展開【桐蔭横浜大学】石井あゆみ
●新規ポルフィリン誘導体を用いた有機薄膜太陽電池【東京大学】波多野淳一、松尾  豊
●高信頼性バルクヘテロ接合型有機薄膜太陽電池の開発【物質・材料研究機構】安田  剛
●X線を用いた有機薄膜の分析【リガク】西郷 真理、稲葉 克彦
〈連載〉
●有機金属化学(83) シクロメタレーション反応におけるアゴスティック結合(1)【大前研究所】大前  厳
●化学雑感(16) グローバル戦略【船井総合研究所】牧野 好和
〈製品紹介〉