最新号のご案内

「化学工業」2019年8月号(VOL.70 No.8)

バックナンバーはこちらです

 

 
定価1,204円+税(1・7月号は特別定価1,500円+税)
(送料別)

◆特 集

フッ素化学による新技術開発

◆目次

●医薬品で発現されるフッ素の特性と最近の含フッ素医薬  | (東京農工大学)山崎 孝 …… 1

●フッ素の特異な性質に基づく有機合成反応の開発  | (東京薬科大学)矢内 光 …… 8

●有機フッ素化合物の分解・再資源化反応の開発  | (神奈川大学)堀 久男 ……15

●フッ素を有する高性能触媒の開発  |(岩手大学)是永 敏伸 ……21

●フッ素の性質を利用したフルオロアルケン合成と応用 |  (東京女子医科大学)佐藤 梓 ……31

●含フッ素アルケンを原料とする有機フッ素化合物の合成  |(茨城大学)吾郷 友宏/福元 博基……37

●触媒的芳香族トリフルオロメチル化とその関連技術  |(群馬大学)網井 秀樹 ……42

●有機半導体材料としてのピンポイントフッ素化 PAH  |  (筑波大学)渕辺 耕平/藤田 健志/市川 淳士……48

●パーフルオロ化合物を原料とする分子変換反応の開発  |(立命館大学)菊嶌孝太郎 ……56

 

〈一般記事〉

●有機系太陽電池の歴史と展望  |(有機系太陽電池技術研究組合)瓦家 正英 ……65

 

〈連載〉

●化学雑感(80) 水力発電  |  牧野 好和 ……73

 

 

 

8月号定価1,204円+税(送料別)

 
≪次号(9月号)特集予定≫有機触媒の多彩な魅力

◆次世代型有機触媒の創製  |(京都大学) 丸岡 啓二

◆アニオン性相間移動触媒の創成と不斉フッ素化  |(静岡県立大学)江上 寛通/濱島 義隆

◆ホウ素Lewis酸─キラルリン酸複合触媒を用いるマルチ選択的付加環化反応  |(名古屋大学)波多野 学/石原 一彰

◆可視光ペルフルオロアルキル化反応の開発  |(お茶の水女子大学) 矢島 知子

◆超原子価ヨウ素反応剤を活性化剤としたグルコシル化反応の開発  |(立命館大学)森本 功治/梶本 哲也/北 泰行

◆有機触媒を用いたビフェニル型軸不斉化合物の新規合成法の開発  |(東北大学)林 雄二郎

◆有機触媒を用いた直接的不斉求核付加反応の開発  |(九州大学)大嶋 孝志/森本 浩之

◆環境調和型有機合成反応の開拓  |(京都大学) 竹本 佳司

◆キラルブレンステッド酸触媒を用いた不斉合成反応  |(学習院大学) 秋山 隆彦

 

〈一般記事〉

◆キラルフッ素化合物の触媒的不斉合成  |(豊橋技術科学大学) 柴富 一孝

 

〈連載〉

◆有機金属科学(113)

 シクロメタル化反応五員環生成物を用いた触媒の利用⑴ |(大前研究所)大前 巌

◆化学雑感 | 牧野 好和

◆日本化学工業小史⒁ | 編 集 部

 

などを予定

 

最新号のご案内

「ケミカルエンジニヤリング」2019年8月号(VOL.64 No.8)

バックナンバーはこちらです

 

 
定価1,107円+税(1・7月号は特別定価1,500円+税)
(送料別)

◆特 集

先端材料開発と応用

◆目次

●異種原子導入によるゼオライトの酸強度の制御     |(静岡大学)三宅 浩史/孔 昌一(大阪大学)西山 憲和…… 1

●燐酸コバルトリチウム球状ナノ構造粒子の直接合成  | (東京工業大学)李 曄/谷口 泉…… 7

●アルコールをエネルギーキャリアとする蓄電法の開発  |(九州大学)福嶋 貴/北野 翔/山内 美穂……13

●金属酸化物メソ結晶の開発と応用  |(神戸大学)立川 貴士 ……20

●金属ナノ粒子形成を目指した脂質膜上での化学還元法の開発  |(岡山大学)島内 寿徳/藤定 禎将/福間 早紀/木村 幸隆……26

●単分散ポリスチレン微粒子の作製とフォトニック結晶への適用  |(東海大学)秋山 泰伸 ……32

●無極性溶媒への分散と磁気特性の保護を可能にするFe3O4 粒子のナノコーティング法の開発  | (茨城大学)山内 紀子/小林 芳男……37

●高分子 / 水界面の構造・機能に着目した生体親和性材料の開発  |(九州大学)村上 大樹/北原 洋子/上田 智也/馬渡 なみ/瀬上 裕斗/馬場 航希/田中 賢……43

●多孔質シリカ粒子を利用した自発的乳化技術の開発  |(山口大学)通阪 栄一 ……50

 

〈連載〉

●連載第 16 回 オペレーションの見える化講座

 ヒートバランス活用による現場力向上

 オペレーションの見える化とIoT/AI活用促進 | (E テックコンサル)本田 達穂 ……56

●連載講座 第2回 ダイナミックシミュレーション入門

 プロセスの動特性 | (東京工業大学)伊東 章(シュナイダーエレクトリックソフトウェア)山田 豊(PreFEED)横山 克己……66

 

 

 

≪次号(9月号)特集予定≫マイクロプラスチック対策と生分解性プラスチック

◆プラスチック廃棄物から見たマイクロプラスチック汚染|(京都大学) 浅利 美鈴

◆河川中のマイクロプラスチック汚染対策|(東京理科大学) 二瓶 泰雄

◆下水処理場におけるマイクロプラスチックの除去|(大阪市立環境資料研究センター)中尾 賢志(大阪健康安全基盤研究所)尾崎 麻子(大阪市立環境科学研究センター)桝元 慶子

◆バイオプラスチックの高付加価値材料化|(東京農業大学) 石井 大輔

◆生分解性プラスチックの開発と海洋分解|(大阪大学) 宇山 浩

◆生分解性バイオプラスチックの最近の動向|(東北大学) 五味 勝弥

◆海洋マイクロプラスチック汚染は生分解性プラスチック普及拡大の好機|(恵谷資源循環研究所)恵谷 浩

 

〈一般記事〉

◆マイクロ流体素子に適する高性能はプレーナー渦流ミキサー|(横浜国立大学)酒井 清吾/都築 光理

◆動的結合に基づく機能性エラストマーの開発|(東京大学) 中川慎太郎

◆脂肪幹細胞を用いた生殖医療方法|(岐阜大学) 村瀬 哲磨

◆偏光カメラによる高精度可視化技術|(宇都宮大学) 大谷 幸利

 

〈連載〉

◆ダイナミックシミュレーション入力⑶

 動特性と制御(タンク液面モデル)|(東京工業大学)伊東 章(シュナイダーエレクトリックソフトウェア)山田 豊(PreFEED)横山 克己

◆実用熱交換器設計マニュアル| 編 集 部

などを予定