最新号のご案内

「化学工業」2020年1月号(VOL.71 No.1)

バックナンバーはこちらです

 

 
定価1,204円+税(1・7月号は特別定価1,500円+税)
(送料別)

◆特 集

ナノテクノロジーの新展開

◆目次

●金属ナノ粒子による細孔径制御した発電用高多孔性ナノ粒子の創製技術|(東京電機大学)佐藤 慶介/久我 泰祐…… 1

●芯鞘エレクトロスピニング法により紡糸した異方性ハイドロゲルナノファイバー|(福井大学)藤田 聡 …… 8

●ナノシートとの複合化による強発光性材料の開発| (首都大学東京)荒川 京介/高木 慎介……14

●リン脂質ナノシートの開発と動的フォトニック結晶への応用| (理化学研究所)内田 紀之 ……19

●二次元層空間を用いた金属ナノ粒子の合成|(新潟大学)由井 樹人/齋藤 翔太/池田 隼人……24

●多孔性金属錯体が被覆した金属ナノ粒子の水性ガスシフト反応活性|(京都大学)小林 浩和/北川 宏……30

●ナノポーラス金属と触媒・エネルギー分野への応用|(高知工科大学)藤田 武志/(筑波大学)伊藤 良一……32

●反応性カーボンナノチューブの開発|(九州大学)藤ヶ谷剛彦 ……40

●理論計算と機械学習の融合によるナノ材料の設計技術|(京都大学)パックウッド ・ダニエル……46

 

〈連載〉

●日本化学工業小史⒆ 草創期の電解ソーダ工業⑴ |編 集 部 ……51

●化学雑感(85) 水資源と技術  |牧野 好和 ……60

 

 

 
≪次号(2月号)特集予定≫天然物化学の新展開

◆哺乳類由来の神経毒の化学生物学研究 |(名古屋大学) 北 将樹

◆天然物合成が構築する化学の役割 |(横浜薬科大学) 庄司 満

◆天然物の網羅全合成を基軸とした医薬化学 |(徳島大学) 中山 淳

◆糖質関連酵素の基質としての複合糖質天然物の合成 |(理化学研究所) 石渡 明弘

◆指定生合成機構を模倣した天然物の全合成 |(東北大学) 榎本 賢

◆タンデム反応を基盤とした複雑天然物の全合成|(中央大学)村田 佳亮/不破 春彦

◆生合成遺伝子を応用した天然化合物生産技術|(産業技術総合研究所) 新家 一男

◆天然物を基盤とした生体機能分子の創出|(筑波大学) 大好 孝幸

 

〈一般記事〉

◆電子状態インフォマティクスによる水素キャリア生成触媒の探索|(熊本大学)杉本 学

◆微生物由来の新規生理活性物質および製造方法 |(産業技術総合研究所) 木村 信忠

 

〈連載〉

◆有機金属科学(113)

シクロメタル化反応五員環生成物を用いた触媒の利用⑵|(大前研究所)大前 巌

◆化学雑感(78)  | 牧野 好和

◆日本化学工業小史⒆ | 編 集 部

などを予定

 

最新号のご案内

「ケミカルエンジニヤリング」2020年1月号(VOL.65 No.1)

バックナンバーはこちらです

 

 
定価1,107円+税(1・7月号は特別定価1,500円+税)
(送料別)

◆特 集

バイオテクノロジーの新展開

◆目次

iPS 細胞を用いた腎疾患に対する再生医療の開発|(京都大学)長船 健二 …… 1

●遺伝子発現をコントロールする新規な合成生物学装置の開発 | (産業技術総合研究所)末永  光 …… 8

●生体触媒を利用した超高分子量タンパク質集合体の構築 |(九州大学)佐藤 崚/DaniPermana/南畑 孝介/神谷 典穂……13

●硝化菌の光阻害緩和を目的とした固定化技術 |(メキシコグアナファト大学)秋月 真一/西 健斗/(創価大学)戸田 龍樹/井田 旬一……19

●難水溶性薬物・生理活性物質のキャリアあるいは分散剤となるペプチドの設計|(宮崎大学)大島 達也/(神戸大学)稲田 飛鳥……25

●生細胞内環境における特定分子の機能解析を実現する人工ビーズ実験法|(情報通信研究機構)小林 昇平 ……32

 

〈一般記事〉

●セルロース−ガラスハイブリッドの開発とその可能性|(東京都市大学)岩村 武/(京都工芸繊維大学)足立 馨……38

 

〈連載〉

●ガス吸収操作の基礎 第4回 |編 集 部 ……44

 ガスの溶解度と拡散係数⑷

 

〈研究室ニュース〉

●光照射で物体を移動させる結晶ブラシの開発に成功|龍谷 大学 ……54

 〜ゾウリムシの繊毛を模倣〜

 

≪次号(2月号)特集予定≫プロセス機器開発の新展開

◆水熱プロセスによる資源循環の試みとブレークスルーとなる機器開発 |(東北大学)渡邉 賢

◆有機ハイドライド分解用高温水素分呂膜の開発 |(芝浦工業大学) 野村 幹弘

◆光触媒マイクロリアクターの開発 |(京都大学) 長嶺 信輔

◆固定床反応器によるスクアレンの水素化反応プロセスの開発 |(産業技術総合研究所)平間 宏忠

◆膜分離を用いたバイナリー発電プロセスの開発 |(山形大学) 松田 圭悟

 

〈一般記事〉

◆ナノバイオセンサーの開発と応用 |(大阪大学) 民谷 栄一

◆ナノ粒子のレーザー集積固化現象によるセラミックスの低温マイクロ配線形成 |(山形大学)西山 宏昭

◆機能性バイオベースポリマーの開発  |(東京農工大学) 兼橋 真二

◆可逆開閉可能な数ナノサイズの孔を有するシリンダー膜 |(山形大学) 松井 淳

◆光エネルギーを蓄えられる物質  |(愛媛大学) 内藤 俊雄

◆低温での高効率メタン製造法の開発  |(宇宙航空研究開発機構) 曽根 理嗣

◆循環流動層の安定運転を実現するパルス駆動型ループシールの開発 |(群馬大学)野田 玲治

 

〈連載〉

◆ガス吸収操作の基礎 第5回 |編 集 部

 ガスの溶解度と拡散係数⑷

◆実用熱交換器設計マニュアル |編 集 部

などを予定