最新号のご案内

「化学工業《2018年10号(VOL.69 No.10)

バックナンバーはこちらです

 

 
定価1,204円+税(1・7月号は特別定価1,500円+税)
(送料別)

◆特 集

イオン液体の新しい応用技術

◆目次

●イオン液体研究の最新動向|(東京農工大学)大野 弘幸 …… 1

●イオン液体を利用した 2 つのバイオリファイナリー:高分子材料&低分子有用物質の生産|(金沢大学)黒田 浩介/高橋 憲司…… 8

●透過型電子顕微鏡を用いたイオン液体の原子分解能観察|(東北大学)宮田 智衆(東京大学)杉森 悠貴(物質・材料研究機構)上杉 文彦(日本電子)橋口 裕樹/奥西 栄治(東京大学)溝口 照康……15

●双性イオン液体の分子設計と応用|(上智大学)藤田 正博 ……23

●イオン液体を用いた光機能性多糖ゲル材料|(鹿児島大学)門川 淳一 ……29

●イオン液体とソフトマテリアル|(北海道大学)安田 友洋 ……34

●イオン液体の真空化学プロセス|(東北大学)丸山 伸伊/松本 祐司……41

●リチウム,ナトリウム二次電池電解質としての中低温イオン液体|(京都大学)萩原 理加/松本 一彦……51

●イオン液体を活用する次世代高性能 CB-RAM の開発|(関東電化工業)原田 晃典(東京理科大学)木下健太郎(鳥取大学)野上 敏材/伊藤 敏幸……58

●イオン液体における電気化学反応の特徴とその応用|(慶應義塾大学)片山  靖 ……64

〈連載〉

●化学雑感(71) 分散型エネルギー|牧野 好和 ……73

10月号定価1,204円+税(送料別)

≪次号(11月号)特集予定≫機能レドックス化学が拓く新領域

◆高分子レドックス化学に基づく傾斜ポリマーブラシの開発|(東京工業大学)稲木 信介(東京農工大学)信田 尚毅

◆蓄電デバイスを志向した有機レドックス材料の開発|(鳥取大学) 野上 敏材

◆機能性色素のレドックス制御|(広島大学) 大山 陽介

◆レドックス型反応の開発|(大阪大学) 雨夜  徹

◆有機フォトレドックス触媒を用いた選択的酸化反応|(大阪大学) 大久保 敬

◆レドックス制御を司る転写制御機構|(東北大学)大野木孝嘉/本橋ほづみ

◆光合成生物のチオレドキシンによるタンパク質レドックス制御|(東京工業大学)原  怜/久堀 徹

◆レドックス化合物を利用した高性能電気化学キャパシタ電極の開発|(愛知工業大学)糸井 弘行

◆有機電解と有機金属の協奏的レドックス化学に基づく分子構築|(岡山大学)光藤 耕一

◆レドックス活性なバイオインスパイアード触媒の開発|(九州大学) 嶌越  恒

 

〈一般記事〉

◆イオン液体の潤滑剤としての利用|(東京理科大学)佐々木信也/川田 将平

◆室温イオン液体の電池用電解質への応用|(岩手大学) 宇井 幸一

◆ポリ硫化炭素を正極材とする高容量リチウムイオン電池の開発|(慶応義塾大学)金澤 昭彦

 

〈連載〉

◆化学雑感|(日通システム) 牧野 好和

◆日本化学工業小史⒀| 編 集 部

などを予定

 

最新号のご案内

「ケミカルエンジニヤリング《2018年10月号(VOL.63 No.10)

バックナンバーはこちらです

 

 
定価1,107円+税(1・7月号は特別定価1,500円+税)
(送料別)

◆特 集

新材料の開発と応用

◆目次

●複合金属酸化物ナノ粒子多孔体の一段階合成|(高知工科大学)闞  凱/大谷 政孝/小廣 和哉…… 1

●錯体低温熱分解法による無機半導体ナノ薄膜

─ペロブスカイト太陽電池向けp 型無機半導体薄膜の低温・溶液プロセス─|(山形大学)栗原 正人/石崎  学…… 8

●含フッ素環状アルケンを原料とする π 共役高分子の開発|(茨城大学)福元 博基 ……16

●オリーブ葉抽出物を利用したハイドロゲル物性改変剤の開発(愛媛大学)赤澤 隆志(香川大学)小川 雅廣……21

●濃厚塩水溶液を用いる錯形成および水分解の抑制に優れためっき液|(京都大学)安達  謙/北田  敦/深見 一弘/邑瀬 邦明……27

CNF を用いた機能性マイクロナノデバイス|(福岡大学)三島 健司 ……32

●ナノ多結晶 cBN の超高圧合成|(宇都宮大学)市田 良夫(愛媛大学)入舩 徹男/大藤 明弘……39

●生体の複合機能のミミックを志向したペプチド金属錯体結晶材料の創出|(お茶の水女子大学)三宅 亮介 ……47

●ダブルペロブスカイト型新規酸化物のMn4+ドープによる赤色蛍光体の開発|(宇都宮大学)手塚慶太郎/笠原 亮太/単  躍進……54

 

〈連載〉

●連載第6回 オペレーションの見える化講座

 ヒートバランス活用による現場力向上

 脱硫装置フィード/エフルエント熱交換器の新しいファウリング評価手法|(E テックコンサル)本田 達穂 ……59

●実用熱交換器設計マニュアル⒆|編 集 部 ……65

 熱交換器の構造⑺

10月号定価1,107円+税(送料別)

 
≪次号(11月号)特集予定≫バイオテクノロジーが拓く新世代

◆生細胞を用いる超高感度膜蛋白質分析法|(九州大学) 片山 佳樹

◆ブルーバイオテクノロジーのプラットフォーム|(京都大学) 椊田 充美

◆組み換え微細藻類の実用化にむけたバイオセーフティ技術開発|(広島大学)廣田 隆一

◆大型海藻からの希少糖およびマリンフェノールの生産|(三重大学) 三宅 英雄

◆特異的阻害剤を用いた新規ルシフェラーゼアッセイ|(横浜国立大学) 平塚 和之

◆ポリフェノールの新たな機能性|(九州大学) 立花 宏文

◆ホワイトバイオによる廃グリセロースからのポリマー原料生産プロセスの開発|(筑波大学)中島 敏明

◆超好熱性アーキアと遺伝子工学技術開発への応用|(九州大学) 石野 良純

 

〈一般記事〉

◆偏光カメラによる高精度可視化技術|(宇都宮大学) 大谷 幸利

◆ハイコストパフォーマンスを実現するデータ駆動制御|(電気通信大学) 金子  修

 

〈連載〉

◆オペレーションの見える化講座⑻

 ヒトバランス活用による現場力向上|(Eテックコンサル) 本田 達穂

◆実用熱交換器設計マニュアル| 編 集 部

などを予定