最新号のご案内

「化学工業」2018年12月号(VOL.69 No.12)

バックナンバーはこちらです

 

 
定価1,204円+税(1・7月号は特別定価1,500円+税)
(送料別)

◆特 集

メタマテリアルズの新展開

◆目次

◆メタマテリアル微粒子による超高感度な分析技術  |(東北大学)藪 浩 …… 1

EIT メタマテリアルを用いた電磁波の保存・再生  |(京都大学)中西 俊博 …… 5

NSL 法を用いたメタマテリアルの作製  |(徳島大学)岡本 敏弘/原口 雅宣……12

◆メタマテリアル極小光波操作素子の実現  | (物質・材料研究機構)岩長 祐伸 ……18

◆高周波均質化法とトポロジー最適化による異方性音響メタマテリアルの構造創成設計  |(京都大学)野口 悠暉/西脇 眞二……24

◆ナノ多孔体・プラズモニック触媒創製による新規光触媒プロセス |(大阪大学)森 浩亮/ベルマ プリヤンカ/桑原 泰隆/山下 弘巳……31

◆金属微細共振器によるテラヘルツスピン分光への応用|(大阪大学)中嶋 誠(University of Konstanz)栗原 貴之(大阪大学)邱 紅松/加藤 康作……38

 

〈一般記事〉

◆フラックス育成結晶を活用した浄水デバイスの提案〜水をキレイにする化学に挑む〜|(信州大学)手嶋 勝弥/林 文隆/簾 智仁/是津 信行……45

◆フォトポリマーの光化学  | (大阪府立大学)岡村 晴之 ……51

◆化学酵素重合を利用した機能性ポリペプチドの合成 | (理化学研究所)土屋 康佑/沼田 圭司……57

 

〈連載〉

◆有機金属化学 109 

 シクロメタル化反応五員環生成物を用いた水素製造の利用⑵  |(大前研究所)大前 巌 ……63

◆化学雑感(73) 機械加工 |牧野 好和 ……70

12月号定価1,204円+税(送料別)

 
≪次号(1月号)特集予定≫次世代無機・有機ハイブリッド材料

●開発が進む無機・有機ハイブリッド材料  |(名古屋大学) 梶原 鳴雪

●新規無機・有機ハイブリッド材料の開発と用途  |(東京理科大学) 郡司 天博

●シリコーンーポリイミド複合皮膜の形成と性能  |(中国塗料) 友弘 智

●無機・有機ナノハイブリッド材料の機能と用途 |(ケミオ) 澤 春夫

●無機・有機ハイブリッド機能材料のレーザープロセッシングとデバイスへの応用|(東北大学)渡辺 明

●有機・無機ハイブリッドデンドリマーの機能開拓|(京都工芸繊維大学) 中 健介

●無機・有機バイブリッド材料のセラミックス基複合材料への応用|(アート科学)長谷川良雄

●ケイ素系無機・有機ハイブリッド材料への電気特性付与|(大阪産業研究所)渡瀬 星児

●無機・有機ハイブリッド放熱材料 |(デンカ) 崎 一平

●無機・有機ハイブリッド材の設計とその応用 |(日揮触媒化成) 村口 良

 

〈一般記事〉

●イオン液体の潤滑剤としての利用|(東京理科大学)佐々木信也/川田 将平

●室温イオン液体の電池用電解質への応用|(岩手大学) 宇井 幸一

●ポリ硫化炭素を正極材とする高容量リチウムイオン電池の開発|(慶応義塾大学)金澤 昭彦

 

〈連載〉

●有機金属科学(109)

シクロメタル化反応五員環生成物および中間体を用いた触媒の利用⑾ |(大前研究所)大前 巌

●化学雑感(69)|(日通システム) 牧野 好和

●日本化学工業小史⒀| 編 集 部

 

などを予定

 

 

最新号のご案内

「ケミカルエンジニヤリング」2018年12月号(VOL.63 No.12)

バックナンバーはこちらです

 

 
定価1,107円+税(1・7月号は特別定価1,500円+税)
(送料別)

◆特 集

実装製造技術のトレンド

◆目次

◆超臨界流体染色の実用化とポリプロピレン用染料の開発 |(福井大学)堀 照夫 …… 1

◆ボロン酸の新たな可能性!PVA 固体表面を簡便に機能化できるインクの開発  | (首都大学東京)西藪 隆平/久保 由治…… 8

◆回転円すいによる糸状揚水を用いた繊維製造技術への応用  |(秋田大学)足立 高弘 ……15

◆低温でアルコールから水素製造を可能とする新規触媒の開発 | (首都大学東京)宍戸 哲也 ……20

◆バクテリアセルロースを基盤とする機能性ハイドロゲル  |(大阪大学)麻生 隆彬/宇山 浩……26

◆原料の構造を保持したバイオベースポリマーの開発 |(広島大学)中山 祐正 ……32

 

〈連載〉

◆連載第 8 回 オペレーションの見える化講座

 ヒートバランス活用による現場力向上

 加熱炉の熱精算と新しい効率評価手法(1/2)  |(E テックコンサル)本田 達穂 ……37

◆実用熱交換器設計マニュアル⒇

◆熱交換器の構造⑻  | 編 集 部 ……45

◆注目される研究開発の創成  |56

12月号定価1,107円+税(送料別)

 
≪次号(1月号)特集予定≫機能性ゲルの新展開

●細胞や生体に緩和なゲル形成とその利用法 |(名古屋大学)中畑 雅樹/境 愼司/田谷 正仁

●導伝性分子からなるゲルの創製と物性  |(東京農工大学) 帯刀 陽子

●新しい機能性ナノコンポジットゲルの開発 |(日本大学) 原口 和敏

●細胞移植用スマートゲルの開発  |(甲南大学) 長濱 宏治

●ゲル微粒子の自己組織化挙動  |(信州大学)湊  遥香/鈴木 大介

●高強度イオンゲル膜を用いたCO2分離 |(横浜国立大学)橋本 慧(山口大学)藤井 健太(東京大学)柴山 充弘

●機能性コラーゲンゲル  |(大阪府立大学) 児島 千恵

●超分子ゲルの開発と電気泳動への応用 |(静岡大学) 山中 正道

 

〈一般記事〉

●化学発光検出法を利用した有機水銀分析法の開発 |(鹿児島大学) 児玉谷 仁

●脂肪幹細胞を用いた生殖医療方法  |(岐阜大学) 村瀬 哲磨

●偏光カメラによる高精度可視化技術 |(宇都宮大学) 大谷 幸利

●ハイコストパフォーマンスを実現するデータ駆動制御|(電気通信大学) 金子 修

 

〈連載〉

●オペレーションの見える化講座⑼

 ヒトバランス活用による現場力向上  |(Eテックコンサル) 本田 達穂

●実用熱交換器設計マニュアル| 編 集 部

などを予定