最新号のご案内

「化学工業」2019年11月号(VOL.70 No.11)

バックナンバーはこちらです

 

 
定価1,204円+税(1・7月号は特別定価1,500円+税)
(送料別)

◆特 集

自己組織化材料の最先端

◆目次

●窒化炭素系分子の固液界面における自己組織化挙動と電気化学的制御| (香川大学)上村 忍 …… 1

●ペプチド自己集合による着せ替え人工ウイルスキャプシドの創製  |(鳥取大学)松浦 和則 …… 7

●柔軟な層状高分子材料の刺激応答性制御と外部刺激の可視・定量化 | (慶應義塾大学)緒明 佑哉 ……14

●自己組織化カプセルによる生体分子の精密識別           | (東京工業大学)二木 啓太/吉沢 道人……21

●自己修復炭素繊維強化ポリマーの開発               | (富山県立大学)真田 和昭 ……28

●自己組織化単分子膜を駆使した機能性金ナノ粒子材料の創製    | (京都大学)磯ア 勝弘/中村 正治(兵庫県立大学)三木 一司……33

 

〈一般記事〉

●水を直接の水素源として窒素還元を行う「相界面反応」によるアンモニア合成| (九州工業大学)酒倉 辰弥/高辻 義行/春山 哲也……41

●オンデマンド・低温で駆動可能なアンモニア合成プロセスのための触媒開発 |(早稲田大学)村上 洸太/関根 泰……46

 

〈連載〉

●日本化学工業小史⒄ 石炭乾留工業について⑵ |編 集 部 ……52

●化学雑感(83) 印刷と化学          |牧野 好和 ……63

 

 

 
≪次号(12月号)特集予定≫ケモインフォマティクスの新展開

◆ケモインフォマティクスの新展開               |(東京大学) 船津 公人

◆有機反応におけるデジタル化分子構造の回帰分析        |(理化学研究所) 山口 滋

◆高分解能マススペクトルの情報化学              |(奈良先端科学技術大学院大学) 金谷 重彦

◆電子状態インフォマティクスによる水素キャリア生成触媒の探索 |(熊本大学)杉本 学

◆創薬に向けた大規模仮想化合物ライブラリの開発と高度化    |(理化学研究所)長谷川亜樹/泰地真弘人

◆遷移状態データベースとそれを用いた合成経路開発       |(山口大学) 堀 憲次

◆反応予想に寄与する量子化学的記述子の解析          |(早稲田大学)中井 浩己/藤波美起登/清野 淳司

◆ケモインフォマティクスによる予測と設計           |(情報・システム研究機構) 佐藤 寛子

◆薬物相互作用問題に対する計算化学的アプローチ        |(北里大学) 広野 修一

 

〈一般記事〉

◆微生物由来の新規生理活性物質および製造方法    |(産業技術総合研究所) 木村 信忠

◆生体骨における自己組織化現象と代替材料への応用  |(大阪大学)松垣あいら/中野 貴由

 

〈連載〉

◆有機金属科学(113)

 シクロメタル化反応五員環生成物を用いた触媒の利用⑵ |(大前研究所)大前 巌

◆化学雑感(77)                    | 牧野 好和

◆日本化学工業小史⒅                 | 編 集 部

などを予定

 

最新号のご案内

「ケミカルエンジニヤリング」2019年11月号(VOL.64 No.11)

バックナンバーはこちらです

 

 
定価1,107円+税(1・7月号は特別定価1,500円+税)
(送料別)

◆特 集

独創的開発技術の展望

◆目次

●金属メッシュデバイスを用いたパーティクルカウンターの開発   |(福岡大学)瀬戸 弘一/佐伯 篤志/石川龍之介/平野 楓/角家 拓眞/松下 亮祐/岩下 翔/廣橋由美子/新戸 浩幸…… 1

●食品・菌・酵素を有効活用する膜利用型排水処理プロセスの開発  |(名古屋大学)片桐 誠之 …… 8

●中温作動型燃料電池燃料極触媒の開発              |(東京大学)多田 昌平/菊地 隆司……13

●有機物を用いたレドックスフロー電池の開発           |(成蹊大学)鈴木 誠一/菅原 一輝……19

●上水施設向け高効率フラッシュミキサーの開発          |(佐竹化学機械工業)根本 孝宏 ……24

●乾式ガス精製プロセスにおける新規なハロゲン化物の除去方法の開発|(電力中央研究所)中嶋 朗/小林 誠……30

●医薬・医療応用のための細胞・組織工学技術の開発        |(九州大学)上平 正道 ……35

 

〈一般記事〉

●天然素材の特性を活かしたバイオベース高分子材料の開発|(大阪大学)宇山 浩 ……41

 

〈連載〉

●ガス吸収操作の基礎 第2回

 ガスの溶解度と拡散係数⑵     |編 集 部 ……49

●連載講座 第5回 ダイナミックシミュレーション入門

 回分反応              |(東京工業大学)伊東 章(シュナイダーエレクトリックソフトウェア)山田 豊(PreFEED)横山 克己……56

 

≪次号(12月号)特集予定≫エネルギー創生技術の新展開

◆電気分解を用いたアンモニア廃水処理と水素回収         |(広島大学) 市川 貴之

◆可視光でメタンをエタンと水素に転換する光電解反応       |(北九州市立大学)天野 史章

◆低温での高効率メタン製造法の開発               |(宇宙航空研究開発機構) 曽根 理嗣

◆優れた可逆性を有するマグネシウム二次電池用負極系の開発    |(静岡大学)嵯峨根史洋

◆ユーザーオンデマンドを実現する自律型再生可能エネルギーシステム|(理化学研究所)小池 佳代

◆ペブロスカイト太陽電池を用いた屋内環境光発電         |(物質・材料研究機構)白井 康裕

◆太陽エネルギーを利用した金属酸化反応による水素生成      |(日本大学) 木村 元昭

◆高容量で劣化しないリチウムイオン二次電池用ケイ素系負極    |(産業技術総合研究所)間宮 幹人

 

〈一般記事〉

◆循環流動層の安定運転を実現するパルス駆動型ループシールの開発 |(群馬大学)野田 玲治

◆新W族半導体のトランスファーによる新機能集積技術       |(産業技術総合研究所)前田 辰郎

 

〈連載〉

◆ダイナミックシミュレーション入力⑸

 非等温回分反応        |(東京工業大学)伊東 章(シュナイダーエレクトリックソフトウェア)山田 豊(PreFEED)横山 克己

◆実用熱交換器設計マニュアル  | 編 集 部

などを予定