最新号のご案内

「化学工業」20199月号(VOL.70 No.9)

バックナンバーはこちらです

 

 
定価1,204円+税(1・7月号は特別定価1,500円+税)
(
送料別)

◆特 集

有機触媒の多彩な魅力

◆目次

●プリビリッジド構造を有する高性能有機分子触媒の創製と応用    |(京都大学)松本 晃/丸岡 啓二…… 1

●アニオン性相間移動触媒の創成と不斉フッ素化 | (静岡県立大学)江上 寛通/濱島 義隆…… 6

●ホウ素 Lewis キラルリン酸複合触媒を用いるマルチ選択的[2+2][4+2]付加環化反応  |(名古屋大学)波多野 学/石原 一彰……14

●可視光ペルフルオロアルキル化反応の開発 |(お茶の水女子大学)矢島 知子 ……23

●超原子価ヨウ素反応剤を活性化剤としたグリコシル化反応の開発  |(立命館大学)森本 功治/北 泰行/梶本 哲也……30

●有機触媒を用いたビアリール型軸不斉化合物の新規合成法の開発  |(東北大学)林 雄二郎 ……38

●有機触媒による窒素上無保護α - ケチミノエステルに対する直接的不斉求核付加反応の開発  |(九州大学)大嶋 孝志/森本 浩之……48

●キラルブレンステッド触媒を用いた不斉合成反応  |(学習院大学)秋山 隆彦 ……53

●触媒制御による糖類の位置選択的分子変換  |(京都大学)上田 善弘/川端 猛夫……58

 

〈連載〉

●化学雑感 エコ・インセンティブ |牧野 好和 ……65

 

 

 

 

 

 

9月号定価1,204円+税(送料別)

 
≪次号(10月号)特集予定≫創薬研究と新技術開発

◆解糖系を標的とする創薬シーズ探索  |(京都大学) 近藤 司

◆微生物由来の新規生理活性物質および製造方法  |(産業技術総合研究所) 木村 信忠

◆格子モデルを用いた蛋白質の分子表面電荷の分布と溶解度の関係  |(東京農工大学)黒田 裕

◆空気に安定な鉄塩錯体を用いたクロスカップリング反応  |(横浜国立大学)山口 佳隆

◆クリスタリン網膜症に対する新規治療薬の開発  |(京都大学) 池田 華子

◆抗がん剤感受性を予測するDNA修復能の測定法の開発  |(東北大学)吉野 優樹/遠藤 栞乃/千葉奈津子

◆新たな創薬モダリティに対応したNMR構造研究 |(産業技術総合研究所)徳永 裕二/竹内 恒

◆肺高血圧症医療薬の新規標的分子の探索と創薬 |(名古屋市立大学) 山内 寿男

 

〈一般記事〉

◆生命科学における天然物化学の役割  |(熊本大学) 塚本佐知子

◆キラルフッ素化合物の触媒的不斉合成  |(豊橋技術科学大学) 柴富 一孝

 

〈連載〉

◆有機金属科学(113

 シクロメタル化反応五員環生成物を用いた触媒の利用⑴ |(大前研究所)大前  巌

◆化学雑感  | 牧野 好和

◆日本化学工業小史⒁ | 編 集 部

 

などを予定

 

最新号のご案内

「ケミカルエンジニヤリング」20199月号(VOL.64 No.9)

バックナンバーはこちらです

 

 
定価1,107円+税(1・7月号は特別定価1,500円+税)
(
送料別)

◆特 集

マイクロプラスチック対策と生分解性プラスチック

◆目次

●河川のマイクロプラスチック汚染の現状と課題   | (東京理科大学)二瓶 泰雄/片岡 智哉…… 1

●下水処理場におけるマイクロプラスチックの除去  | (大阪市立環境科学研究センター)中尾 賢志(大阪健康安全基盤研究所)尾ア 麻子(大阪市立環境科学研究センター)桝元 慶子…… 7

●バイオマスプラスチックのナノファイバー化による再生医療足場材料への応用  |(東京農業大学)石井 大輔 ……13

●刺激応答型分解性バイオプラスチックの開発  |(北陸先端科学技術大学院大学)金子 達雄/モハマド アシフ アリ(グリーンサイエンスマテリアル)岡島麻衣子……20

●微細マイクロプラスチックの自動分析技術とその展開 | (千葉工業大学)亀田 豊 ……28

●プラスチック製品・廃棄物対策への一考  |(京都大学)浅利 美鈴 ……33

●海洋マイクロプラスチック汚染は生分解性プラスチック普及拡大の好機  |(惠谷資源循環研究所)惠谷 浩 ……39

〈一般記事〉

●マイクロ流体素子に適する高性能なプレーナー渦流ミキサー  |(横浜国立大学)酒井 清吾/都築 光理……45

●動的結合に基づく機能性ポリマー材料の開発  |(東京大学)中川慎太郎/吉江 尚子……51

〈連載〉

●連載講座第3回 ダイナミックシミュレーション入門

 プロセスの制御 | (東京工業大学)伊東 章(シュナイダーエレクトリックソフトウェア)山田 豊(PreFEED)横山 克己

 

 

 

 

≪次号(10月号)特集予定≫実装可能な製造技術の展望

◆進行波による流体制御技術  |(電気通信大学) 守 裕也

◆進化的画像処理を用いた調整容易な極薄紙の枚数計測 |(岐阜大学) 佐藤 惇哉

◆化学的処理によるポリエチレン・ポリプロピレンへの接着性の付与手法の開発 |(福岡大学)平井 翔/八尾 滋

◆窒素添加によるステンレス銅の硬度と耐食性の向上  |(新潟県工業技術総合研究所)三浦 一真

◆粗面化めっきによる異種材料接合技術  |(信州大学) 新井 進

◆炭素繊維強化材料への小口経穴あけ加工技術 |(三重大学) 中西 栄徳

 

〈一般記事〉

◆従来にない高濃度マイクロ・ナノバブルの製造とその応用  |(福岡大学)シャーミン・タンジナ/相田 卓/徳永 堅登/三島 健司

◆廃棄されるマグネシウム合金切粉を利用した水素製造技術  |(産業技術総合研究所)松崎 邦男

◆フェムトリアクターによる高選択的反応制御  |(産業技術総合研究所) 脇坂 昭弘

◆脂肪幹細胞を用いた生殖医療方法  |(岐阜大学) 村瀬 哲磨

◆偏光カメラによる高精度可視化技術  |(宇都宮大学) 大谷 幸利

 

〈連載〉

◆ダイナミックシミュレーション入力⑷

 単蒸留 (タンク液面モデル) |(東京工業大学)伊東 章(シュナイダーエレクトリックソフトウェア)山田 豊(PreFEED)横山 克己

◆実用熱交換器設計マニュアル | 編 集 部

などを予定